厄年を弟からもらった話

皆さん、厄年ってご存知ですか?

 

厄年とは

日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。

引用:Wikipedia

 

 

男性、女性とそれぞれに年齢が分けられていて

女性だと最初は18歳くらいに来るかと思うんですけど

男性だと最初は24歳から来るんですね。

 

私の弟、前厄なんですよ。今年。

毎回厄年が来ると家族で厄払い行くんですよ。

本来なら。

 

 

そう、本来なら

 

まあ、察していると思うんですけど

今年、行ってないんですよ

私自身埼玉に住んでましたし…

少なくとも弟だけは行ってると思ったんですよ

こういうのきちんとする子なので。

(ビビりともいう)

 

今年に入って

何故か

尿管結石になって手術するわ

お腹痛くて病院行ったら『大腸の壁が薄くなってるから絶対安静。1か月仕事休め』って言われるわ

仕事場変わって出勤してみたらクソブラックすぎて精神的に病むわ

大学の時から行ってたバイト先に久々に行ったら使えないBBAしかいなくてこっちでミスをカバーしてたら「好き勝手しすぎ」「仕切ってんじゃねえ」「色々命令してんじゃねえ」って逆切れされるわ

階段から落ちてぎっくり腰かと思ったら股関節がズレて骨盤も歪むわ(なう)

北海道で無理したら最終的に歩けなくなって車椅子で帰ることになるわ

虫さされた跡が1か月経っても痒いわ

虫刺されだと思ったところが実はリンパ節炎で熱発するわ

銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体になってるやつを無くすわ

 

なんというか…まだ10か月?もう10か月?

いつもだったら経験しないことまで経験してるんですよね

特に病気関係。

怪我とかはまあ踊ってみたやってて、腰痛めたりとか、捻挫は日常茶飯事とはいえ…

なんで!?

しかもね面白いことに全部右なの。

 

で、タイトルにもあるんですけど

家族や身近な人の厄をもらうこともあるそうなんですよね

 

絶対、弟の厄もらってるやん????

 

で、この間弟もちょっと不幸なことがあったんで

どうせなら厄払い行こうやってなってちょっと有名なところに行ってきたんですよ。

 

車で1時間半かけて。

高速に乗って。

弟が高速乗って30分で音を上げたので、運転を変わりました。

弟「80キロも出して運転すんの怖い」

私「もう、車に乗るな(120キロ出しながら)」

多分…私たち性別が逆なんだと思います

 

で、参道前の駐車場に停めたんですけど、ちょっと静かなんですよ。

お店も閉まってるし。

平日だとは言え車1台も止まってないし。

おかしいね~なんて言いながら門をくぐって

ちょっと歩いてたんですよ。神社があるの山の上なんで。

そしたら、途中の案内板のところに

『本日から3日間本堂改修工事のためご祈祷は行っておりません』

の文字が。

 

私「ちょっと待って」

おばあちゃん(ついてきた)「あれまあ」

弟「なんで」

私「やってるかどうか調べろやクソガキいいいいいいいいいいいい」

弟「神社なんて365日年中無休だろ!?」

私「イレギュラーな日に当たりましたね!!!!!」

弟「最悪」

私「こっちのセリフじゃ」

 

そりゃ、店も休みだし、車も止まってないよね。

仕方ないので帰りました。

 

 

まあ、おかげでまだ厄払い行けてないんだけどね

 

 

後2か月無事に生きて終われるのか!!!

そのうち入院するんじゃないかと不安で仕方がない。

とりあえず今月の目標は『股関節と骨盤の歪みが早く治るように安静に過ごす』です。

あと、このよく分からないアトピーみたいな蕁麻疹みたいな痒みから解放されたい。