今、思う。

お久しぶりですね。

 

こんな内容を書くとは思いませんでした。

 

ずっと思っていたことをずらって書いてあるだけなので

なんの面白味もないです。

何が言いたいのか自分でもわかっていませんが、どこかに吐き出さないと自分自身が吐きそうで…(物理)

 

ということで。

 

 

あの日、私は会場にいました。

 

嫌な予感がしたのは白服さんが「大事なお知らせがあります」って言う前にとみたんがぜっちゃんの背中をぽんって押した時。

 

メンバーはもちろんその日にぜっちゃんが卒業を発表することは知っていたからこそで…

振り返ってみると、友で何人かが震えていたのはそれが理由だったんだなと。

 

 

私がぜっちゃんを推し始めてこの夏で丁度3年になる。

 

なんだったら知ってからは5年とちょっとになる

 

 

初めて人前で盛大に泣いた。

 

普段うるうるして一筋の涙がとかなら散々流してきたけれど

推しタオルがあんなに濡れるほど泣いたのは初めてだった。

 

 

ぜっちゃんが一つ一つ言葉を重ねるたびに『あの時私が言った言葉は正しかったのか』

『励ますつもりが実はプレッシャーを与えていたのでは』様々なことが巡り巡っていました。

 

 

 

中野で「この10人とならどこまででも落ちてもいい」とぜっちゃんから聞いた時

 

大事な大事な仲間で、大好きな仲間で、友達で、そしてかけがえのない物なんだな

 

そんな10人をこれからも応援していこう…、この先をもう少し私も見てみたい

 

そう、思えたんです。

 

 

自分のやりたい仕事をしたい、自分が諦めた夢をもう一回追いかけてみたい。

そう思えるようになったのもむすめん。の…いや、ぜっちゃんのおかげだったんです。

 

実際、そう簡単には乗り越えられなくて低迷しかけてますけどね…

色々な道のりの中で自分のやりたい道へ進むにはと地図を広げて、遠回りしている気がしますが少しずつ進んでいこうと…

 

諦めたくない、諦めない。

 

そう思うように。

 

 

 

あの日、あの場所で

直接ぜっちゃんの口からその言葉を聞いた時

ぜっちゃんはむすめん。が本当に好きなんだなって

 

白服さん、あおいくん、ぷんちゃん、にーちゃん、とみたん、げるたん、のっくん、野崎さん、二番くん の事が大好きなんだなって

 

 

裏で支えたいって聞いた時、ぜっちゃんらしいじゃんって

 

むすめん。を美味しく料理できるの僕なんです

 

って、すごい納得してしまった自分がいて。

 

 

ステージで輝くアイドル(気取り)のぜっちゃん じゃなくて ステージの裏でアイドル(気取り)を支えて輝くぜっちゃん

 

両方とも素敵な事だし、なんていうかかっこいいなって

ちょっと前までは両方をこなしてたんだもんね…。

 

まだむすめん。だし、いつ卒業するかの日程も出てはいないけれど

 

カウントダウンが始まったのは確かな事実。

 

 

 

ぜっちゃんのMCスキルは誰が引き継ぐの?

誰がむすめん。の会話を回していくの?

ただでさえ今ぐだんぐだんな時あるのにww

こういう時ぜっちゃんいたらなって思う時あるよ。

 

 

 

あの後、お話しする機会があって。

スッキリしたっていい顔してました。

こっちは泣きまくって顔ボロボロなんだけどね!!!!?

こんな顔で写メ撮る予定じゃなかったんだけどw

 

これからも変わらずまだまだむすめん。なぜっちゃんを。

そして、ぜっちゃん本人をずっと推し続けようと思います。

 

 

 

 

 

 

好きって気持ちはこれからも

 

きっと…

 

変わらないと思うから。

広告を非表示にする